読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私だからこそできることで、時間とお金から自由になりたい宣言

30歳のOLが働きながら、自分の強みと魅力を活かして時間とお金から自由になる方法を探しています

大切な人の趣味に興味が持てないとき

あなたは自分の大切な人の趣味で、どうしても理解できない、好きになれないことってありますか?

 

私はあります。

それは夫のサッカー観戦。


f:id:lalaraimu:20170319203334j:image

 

なぜ共感、理解できない?

人それぞれいくつか理由はあると思います。

 

私がサッカー観戦を好きになれない理由はこれ。

  • これまでスポーツを観る習慣がなかった
  • 基本家が好きなので、スタジアムに行くのが嫌
  • 人混みが嫌い
  • 観戦中に野次を飛ばす人などがいて、聞いていて不愉快
  • ルールが分からない
  • 寒い、暑いと体力的にキツイ
  • せっかくの土日休みを潰される

 

まぁこんな感じで不満続出です。

 

だからある日

「私行きたくないの!」

と怒ったことがあります。w

そうすると夫は悲しそうにしていていました。(ごめんね。)

それでもその後も遠慮気味に「一緒にサッカーを観に行こう」と誘ってくれるんです。

 

「なぜ私が嫌だと言ったのにまだ誘ってくる!?」と理解できませんでしたが、少しずつその訳が分かってきました。

 

相手が誘ってくる訳

それは

「自分の楽しいと思う時間を、大切な人と共有して一緒に楽しみたい」

これなんだと思います。

 
f:id:lalaraimu:20170319203710j:image

夫にも密かな夢があるらしく、それは

「子どもができたら、好きなチームのユニホームを親子で着て一緒にサッカー観戦に行くこと」

らしいです。

 

最初は、マジかよって思いましたが段々可愛く思えてきました。w

 

好きじゃなくても歩み寄ることはできる

ふと思ったんです。

私がイヤだイヤだって思っているだけで、自分から歩み寄っていないなって。

 

例えばサッカーでいうと、ルールを知ろうとしていない。

 ルールが分からなければ、楽しい訳ないじゃないですか!

 

こんな当たり前のことなのに、「好きじゃない」という思いが先行して、ルールすら知ろうとしていなかった自分に反省しています。

 

ルールって難しそうだなぁーって思ったんですけど、小学生でもサッカーをしているってことは多分30歳の私でも理解できるハズ。w

少年少女よ、私にルールを教えてくれ!

 

先ずは知ることから始めよう

どんなに好きになれない、理解できないものでも、その世界を知ることから始めてみましょう(^^)

 

知ってから、好きじゃないかどうかを決めてもいいと思います。

 

知ってみて、「やっぱりここが分からない、いまいち」って思ったら、その事を相手に言ってみるのもいいと思います。

 

相手も自分のその趣味や世界観が好き過ぎて、なぜ理解してもらえないのか?と疑問に思っていると思います。

 

「ここが分からん!」と伝えると相手もどこがダメなのか理解することができるし。

 

ただどうしても、やっぱムリだなぁって思ったら、無理せずごめんなさいをすればいいと思います。

 

今日のおまとめ

自分が理解できない、好きになれないことでも、先ずは知ろうとしてみましょう。

それからどうするかを決めることが、大切な人との良い関係つくりの第一歩!