読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私だからこそできることで、時間とお金から自由になりたい宣言

30歳のOLが働きながら、自分の強みと魅力を活かして時間とお金から自由になる方法を探しています

夫の転勤疑惑が、私に起業という選択肢を与えてくれた

 

先日転職が決まったと書きましたが、実はいま転職したくてもできない状況にいるんです。

そして、直ぐに転職できない理由こそ起業しようと思ったキッカケなんです。

 

夫の転勤疑惑

私の転職が決まりそうなタイミングで夫も転職活動開始。

しかも行きたい業界が転勤率が高めの業界。

 

なぜこのタイミング!?

と思いました。

きっと夫も私に対して同じことを思っていたと思います。w

 

妻はキャリアを捨てて夫の転勤に付いていくのが普通?

夫の転勤が決まった場合、妻は自分のキャリアを捨てて転勤に付いていくべきなのでしょうか?

因みに我が家は子どもなしの夫婦共働きってやつ。

 

私の中でどうするのか結論を出した後に一応ググってみましたよ。

「夫婦共働き 夫 転勤 子供なし」

で知恵袋などなどの回答をみると

「子どもがいないなら、夫に付いていく。」が多半数意見らしいです。

へーそうなんだ。

 

私としても自分で出した結論は「夫に付いていく」だったんですが、

ただし条件がありました。

それは

「キャリアは諦めずに、しっかり稼ぎながら夫の傍にいること」

 

諦めない方法はただ一つ、起業

私が結論を出すために夫が転勤族となる場合の、今後の私の在り方をリストアップしてみました。

  1. 専業主婦
  2. パート
  3. 会社員
  4. 起業(フリーランス

 

♡専業主婦

正直、家事や料理は好きじゃない。

また奨学金返還中のため、働かないという選択肢はなし。

 

♡パート

自分の興味のある分野でパートして働くのはアリだなと思うけど、果たして引っ越す度に自分が求めているパートを見つけられるか!?と疑問大。

 

♡会社員

夫と別居をしながらということならアリ。しかし今後子どもができたりなど、家庭事情が変化した場合は会社員として働き続けるのは難しい部分が多そう。

 

♡起業(フリーランス

インターネットを使うなどすれば、場所を選ばずに働くことは可能。

また時間も自分でコントロールすることは可能そう。

 

…そうだ、起業だ!と気づいたのです。

 

そもそも私は大切な夫と一緒に時間を共有することを大切にしたいと思っているので、

夫と一緒に生活をしながら働きたいという思いがあったのでその場合は「起業」という選択肢が一番自分にしっくり来たのです。

 

また大前提として私は働くことが好き。

働くと悩むこともたくさんあるし(悩み過ぎて顔に帯状疱疹が出たこともあり)、

人間関係、後輩育成など悩みは尽きないもの。w

それでも悩むと、自分と向き合ったりと、

この悩みたちが私を成長させてくれたと思っている!

 

起業を目指し始動しますよ

起業する場合は何から始めます?

先ずは自分が憧れる働き方をしている人を見つけて、話を聞くこと!

いまは女性起業家の方でブログやYouTubeで情報発信している方はたくさんいます(^^♪

 

そしてそういう方の情報発信を見ているとヒントになることがてんこ盛りだし

(無料でここまで教えてくれていいの!?という情報もあり)

またセミナーなどに申し込みをすれば直接話を聞きにいくことができます。

 

私は今週の土曜日開催の大東めぐみさんのコチラの1dayセミナーに参加してきます!

peraichi.com

 

大東めぐみさんは香港在住ながら、オンライン講座で起業したい女性のビジネスコーチをされている女性起業家さん。

しかも、月商8桁…(指を折って数えましたよ。私は。イチ・ジュー・ヒャクってね)

 

めぐみさんが起業しようと思ったキッカケこそ、夫の香港転勤。

しかもこれまでの大手企業でのキャリアを捨てて、小さいお子さんを連れての生活がスタート。

何かをしなきゃ!という思いから起業。

 

そんな共感することが多いめぐみさんが日本に来てセミナーをするということで早速申し込みをしました!

今からとても楽しみ(^◇^)

また行って来たら感想レポートを書きますね♪