読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私だからこそできることで、時間とお金から自由になりたい宣言

30歳のOLが働きながら、自分の強みと魅力を活かして時間とお金から自由になる方法を探しています

箸が無ければ、木の枝で食べればイイじゃないか

このタイトルの内容は実話です。

 

スーパーのレジのお姉ちゃんが、

我が家が買った蕎麦のお弁当セットに

箸を入れ忘れたんです。

 

そんなことも知らずに

蕎麦セットを持って

新緑の美しい森の中に遊びに行った

マイファミリー。

 

はい、食べましょうとなった時に

箸が無いことに気づき

スーパーからはかなり離れてしまい

取りに戻れない

コンビニも近くに無い

お腹ペコペコなのに食べれないなんて…

と泣きそうな私に

優しい父は、

近くの木から枝を箸サイズに

ポキポキと折って

愛する娘に渡してくれました。

「これで食べなさい」

 

あの新緑枝味の蕎麦は一生忘れない。

 

f:id:lalaraimu:20170502193549j:plain

 

 

この話は幼少期のトラウマ?

いいえ、私にとってはマジで良い話。

 

私は知恵を絞ることが大好きです。

そしてこの知恵を絞ることが大好き精神はこの親から引き継いでいると思うのです。

 

知恵を絞ることは楽しい!

我が家は「知恵を絞る」ことを常に自然にやっているのが家庭でした。

無いからできない、ムリではなく

あるモノからやれることをやろう。

 

こんな環境だったからでしょうか。

小学校の先生からの通信簿のコメント欄には

「○○ちゃんは、アイディアマン!」

 

今でも食料品ギチギチの冷蔵庫より

スッカラカンに近い冷蔵庫の方が

料理をしていて楽しいです。

 

この限られた食料品で

どんだけ旨いものを作ってやるか!

 

実は料理は好きではないのですが、

このほぼカラ状態の冷蔵庫は

私に料理をする情熱を与えてくれます。

(旦那には何もない家みたいで心配になるから嫌だと言われますが。笑)

 

私のこの工夫・知恵を絞る

楽しさをもっと使いたいのです!

 

特に得意なのは

物理的なモノに対しての方が

いいみたいです(^^)

 

どこかで何かに発揮できないかな?

 

あっ、今は新緑がキレイな時期ですね。

枝でお蕎麦いかがですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生理痛が軽くなった理由を考えてみる

ふとある時

『生理痛が軽くなっている』

と気付きました。

 

これまでは毎月痛み止めの薬を1〜2粒飲んでいたのに、飲まないでも過ごせる月が増えていて、ホッカイロを両面貼り(お腹と腰)すれば仕事にも行けている!

 

最初はたまたまかな?とか思っていたのに、半年ぐらいそれが続いてこれは何か変化が起きたに違いないと思い、自分なりに何が変わったのか考えてみました。

 

で、変化し始めた頃に使い始めていたのがコレ!

 


f:id:lalaraimu:20170502125706j:image

足裏とふくらはぎのマッサージ機!

毎日朝晩とこのマッサージ機を使って

ゴリゴリマッサージをしていました。

 

コレです↓

(友達の家でやってみて激痛にビビリながらも、足が細くなったという友達の評判を信じ、毎月マッサージ貯金をして買ったもの。)

 

スライヴ フットマッサージャー 【Leg master レッグマスター】 ホワイト MD-8500(W)

スライヴ フットマッサージャー 【Leg master レッグマスター】 ホワイト MD-8500(W)

 

 

 

色々考えたけどこれしかない。

でもなんでこれが生理痛に効くの!?

と調べる中で

 この本を読んでその理由が分かりました。

 

血流がすべて解決する

血流がすべて解決する

 

 

 

 ●血流がよくなったから、生理痛が軽くなった

 

 

本の中には生理痛についてこのように書いてあります。

生理痛はないのが正常です

子宮内膜からはプロスタグランディンという物質が分泌されて、経血を外に出すために子宮を収縮させます。血の不足や冷えにより血流が悪くなるとこのプロスタグランディンの分泌が過剰になり、痛みや炎症を引き起こしてしまうのです。

もし生理痛があるのなら、子宮の血流が悪く、冷えがあるということです。

 

子宮も体全体の血流も繋がっています。

この血流を良くする方法として、

『第二の心臓である、ふくらはぎを鍛える』ことと書いてあります。

 

このマッサージ機、パワーが強く最初は本当に痛いです!

ただグリグリとふくらはぎをマッサージすることで、むくみが取れ血流が良くなったんだと思います。

実際に、外出などして歩き疲れて足がパンパンという時にこのマッサージ機で10分間グリグリやると、足が軽くなります!

 

もしマッサージ機が無くても、かかとの上げ下げ運動をやることで、ふくらはぎの血流がアップするそうです♡

 

ただ私はかなりのズボラのめんどくさがり屋なので、このマッサージ機に足を突っ込んでいるのが楽チン(^^)

 

血流をアップさせて、生理痛が少しでも軽くなると嬉しいですよね♡

血流についてより知りたくなった人は、先ほどの本を一読することをオススメします!

 

頭が動かない日は、体を動かす

今日は朝からお疲れ気味で、少し何かやってはソファーでうたた寝の繰り返し。

 

午後は低気圧の影響で頭痛までしてきて、

再びソファーで寝る。

 

次の仕事の為に読まなくてはいけない課題図書があるのに、今日は全く読む気分になれず。

 

あー!私は時間を無駄にしていると自己嫌悪に陥り始め、カフェでも行って勉強するか!と思っても足が動かず。

 

普段ならより自己嫌悪になりそうなのに、今日はふと違う考えが思いつき、

『頭が動かないなら、体を動かそう』

と、前からやりたいと思ってたキッチンの整理整頓を開始!

 

いらない調味料や保存食を

ごめんなさいm(_ _)mしながら捨て。

 

使いやすいように、物の配置を変えたりと。

 

やってると気分も楽になってきて、

この選択肢もアリだったなと嬉しくなる単純なワタシ。

 
f:id:lalaraimu:20170501192746j:image

 

最近はなんだか、頭で考えることばっかりしてきて頭がカチコチになっていたんでしょうね。

 

体も動かす整理整頓は

私にとっては良い気分転換になると再確認!

 

明日はお勉強する日にしようと思います。

ほどほどにね(^o^)

 

 

退職時に気がついたこと

今月末をもって現在の勤め先を退職することが決まり、無事に最終出社日も終えて皆さんに前向きに送り出してもらえました。

現在は有給休暇中で、のんびりしたり、次の仕事のための勉強などをしています。

 

今回は色々な理由から急な退職となってしまい、

一緒に働いていた皆さんにはバタバタさせてしまった部分もあり、

「マズイ、迷惑をかけている」と思って申し訳ない気持ちで静かに退職しようと思っていたのですが、

最終的には皆さんに盛大に送り出してもらい嬉しさ、感謝いっぱいでした。

 

そんな退職間際で気づいたことを今回はシェア♡

f:id:lalaraimu:20170427173535j:plain

 

【人と話したり、関わるのが好きだと気づいた】

私はこれまでお昼休みは、自分時間の確保として社内で1人で過ごしていました。

業務中は社内の人と関わるので、休み時間は1人で誰とも話さずに、お弁当を食べたり、本を読むなどしているのが楽しかったし、休み時間まで誰かとずっと喋っているのは疲れると思っていたから。

 

しかし!嬉しいことに退職が決まると

「最後に一緒にランチに行きませんか?」

とお誘いを色々な方から受けて、最終出社日までの2週間の平日ランチ予定が全て埋まり、毎日色々な方とランチに行くことができました。

 

毎日誰かとランチに行って気づいたことは

「誰かと話すことで楽しくなり、気分がリフレッシュできる」

ということ。

また何人かの人からは

「○○さんと話して良いお話をたくさん聞くことが出来て楽しかったです」

と言ってもらえて、

「私は会話を通して人に何か良いものを届けることができるんだ」

と知ったことが良い収穫でした。

 

特に後輩たちの悩み相談では、私も同じ悩みを経験したことがあるので

具体的なアドバイスや、おススメ本などを紹介しました。

 

みんな私の話を目をキラキラさせなら

「(*・ω・)(*・ω・)ウンウン♪」

って聞いてくれて、こっちまで一緒に頑張ろうね!って思って逆に励まされました。

 

【人にして欲しいことは、自分でしよう】

後輩の悩み相談の共通点は、「誰にも相談することができなかった」ということ。

…マズイ!私これまでちゃんと話聞いてあげられなかったー!

と猛烈に反省しました(ノД`)・゜・。

 

確かにこれまで「あの子大丈夫かな?」と心配になって話聞いてあげようかな

と思いつつも、「話聞くからランチに行こう」なんて先輩感出し過ぎだし、

ちゃんとアドバイスできるかな?とかとか、色々な言い訳を付けて後輩の話を聞いてこなかったんです。

 

でも同時に私はこういうことも思っていて

「社内で私の相談に乗ってくれる人が欲しい」と。

多分後輩たちも同じ思いでいたんだと思います。

 

自分のことばかりを考えていて

自分ができることを放置していたんだなと反省。

自分がして欲しいと思うことがあったら、同時に自分でできることは何か無いか

考えて実行すればよかったんだと気付きました。

 

実際に後輩たちの話を聞いていると、逆に気づかされたり、自分の悩みの解決のヒントになることもあったりして。

後輩であっても上下関係で見るのではなく、対等に一緒に働いている仲間として

もっと信頼して、時には私の話を聞いてもらってもよかったのかもしれません。

(勿論、話せる内容の範囲はありますが)

 

【誰かと関わり合う大切さを知った退職】

退職間際に気づいて遅いわ!と言いたいところですが、

今回の気づきは次の仕事やプライベートでも大切にしていきたいと思っています。

 

私はよく周りの人から

「話すのが上手」

「場を盛り上げたり、良い雰囲気作りをすることができる」

と言ってもらうことがありながらも、自分の内心では

「話すときには気を遣うなどパワーを使っていて疲れるから、そんなに話したくない」

とお褒めの言葉を拒否・拒否・きょひーーーーしてきたのですが、

今回の関わりを通して素直にこの自分の長所を活かしていこうと思いました。

 

 

f:id:lalaraimu:20170427173914j:plain

 

まわりがハッピーでも

私は疲れるからNGと思っていたけど

私もハッピーになれると気づいてしまったし

みんなをもっとハッピーにしたい!

 

私とこれからお会いする方がいたら、その時は一緒に楽しくお話ししましょうね(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不安は自分が求めていた状況だったと分かった

転職の不安について考えてみました。

不安内容についてはこちら↓

 

lalaraimu.hatenablog.com

 

 

紙にいま状況とそれに対する自分の思いをドンドン書いていくこと数分…

 

分かってしまいました。

 

この不安、全部私が求めていたものやーん!!

 

 

【自分の求めているものが突然来ると人はビビるらしい】

 

前にどこかのブログで読んだことがあるんです。

 

自分がこうしたい、こうなりたいと思ってそれが急に叶って

自分の目の前にその状況が来ると人は急にこわがってしまう。

 

そして場合によっては、そこから逃げてしまう。

 

【自分なりに考えた結果】

 

私が今回転職しようと思ったキッカケ

  • 安定したビジネスモデルで、将来への変化が期待できない
  • 変化することを拒む傾向が強く、新しいことへのチャレンジに積極的ではない
  • 一緒に働いて刺激を受ける人が少ない

 

これに対して転職先で不安だと思ったことと、それに対する得られる結果

  • 自分が希望する広報職ではなく違う職種になる可能性がある→転職先の事業はこれからの社会を変えることのできる面白い事業。そのビジネスモデルに面白みを感じて転職先として選んだ。その会社なら、広報職でなくても自分のやりたいことができる可能性がある。そして今回は社長から私の強みを活かすポジションとして、広報職以外の職種の提案を受けている段階。前向きに捉えることで新しい職種へのチャンスが来る。また働いている人は、外資企業や大手企業から転職してきた頭がきれる人が多いらしく、どのポジションで働いても刺激を受けられそう。

 

  • 業務量が多くなり、スピード結果が常に求めれる→今の会社のヌルイ状況の反対でまさに私求めていた変化することに柔軟に対応し、自分も変化し続けることを求められる環境になる。そんな環境の場合、求められるものが増えることは当たり前。それこそ自分が今身につけたいと思っている「高速PDCA」を学べるチャンス。

 

 

 

f:id:lalaraimu:20170408234639j:plain

 

全部私が「こんな環境じゃなくて、こんな会社で働きたいよー」って求めていたものが目の前に用意されているんです。

 

なのにそれが目の前にあると分かった瞬間ビビるという。

 

情けない。笑

 

今は新しい環境に向けて準備をしています。

これからの自分と新しい環境に期待して、前向きに歩んでいこう思います。

 

今日は今の会社への最終出社日です。

働いた5年間に感謝する1日にしたいと思います(^^)

 

 

 

 

 

 

転職することにしました

5月1日から新しい会社で働くことが決まりました。

 

以前の記事に書いた夫の転勤についても、

夫が転職活動を一旦停止することに。

今回は夫が私のキャリアを優先してくれることになり、

転職を決めました。夫には本当に感謝です。

この記事↓

 

lalaraimu.hatenablog.com

 

 

自分で今いる環境を変えたいと思い決めた転職ですが、

やはり不安はあります。

 

いまは2つの事が不安になっています。

  1. 広報職としての採用予定が、他の職種に変更になる可能性がある
  2. 業務量が多く、スピード、成果が即求められる(中途採用ならこんなことは当たり前なのですが、採用担当者が、私は奴隷になっていると言われビビる。というか引く。w)

 

今回、ベンチャー企業に入るため両方の問題は

ある意味起こりうることなので自分での想定が少し甘かったことを反省。

 

ただこの不安をただ漠然として抱えていることがすごく嫌です。

不安を期待やワクワクに変えたい。

じゃあ、どうしたら変えられるのか?と最近考えています。

 

不安への向き合い方

先ずは何が不安なのか自分に正直に聞いてみます。

 

そして自分が恐れていることを素直に受け止めようと思います。

 

最後は、その恐れを減らせる対策を考え実行してみようと思います。

 

人生って自分の理想通りに進まないことを痛感

f:id:lalaraimu:20170408134438j:plain

 

今回のことを通して自分の理想通りに進まないなって思ってしまったんです。

 

でもよく考えるとそれは全て自分が決めて行動した結果の

一部の出来事なんですよね。

 

行動したからこそ、状況が変わるのは当たり前だし

その状況が自分の想定通りにいかないのも当たり前。

 

ただ、不安や恐怖のために行動しないことはもうしたくない。

 

行動する

想定外の展開になる

その展開をスルりと超えられる、回避できる

そんな人生を歩みたいと思っています。

 

そして、そんな人生をわたしを歩めると信じています。

自分を信じることが一番大切!

 

さぁ、不安を向き合い、この不安を上手く超えてパワーアップしたいと思います。

 

あっ、ホンマにブラック企業だったらその時はサヨナラします。w

 

 

 

 

 

運動嫌い・継続力なし!それでも1年で12キロ痩せた秘訣②

f:id:lalaraimu:20170407213608j:plain

 

そもそもなんで私がおデブになったのか書いておきましょう。

 

高校生までは痩せていました。

ダイエットなんて考えたことがないくらい。

高校を卒業してフリーターになってから、外食ばかり、高校時代の往復40分の自転車通学をしなくなったことにより一気に太り出しました。

 

そして恋愛で上手くいかなかった時に、ストレスでお菓子をとにかく食べていました。

当時の好きな人に「痩せたらデート行ってあげる」とか言われて、痩せるために必死になるも余計ストレスになって痩せない。w

(今考えるとこんなこと言ってくる時点で離れればよかった|д゚)w)

 

そんな感じで約9年ぐらいかけて徐々に太っていつしか男友達からは

「ぶーちゃん」というあだ名を付けられる結果に。w

 

そんな私が痩せると決意したのは、

結婚式のため。

 

ありがちなパターンですが、

普通にぶーちゃんのままドレスは着れないと思い、痩せる!と決意して

結果として12キロの減量に成功しました。

 

成功した裏側にはポイントとなっていることがありました。

なんだと思いますか?

 

 

 

 

 

それは

『これまでたくさん失敗したこと』

 

失敗したことがあるからこそ、対策が打てるんです!

 

失敗=経験

 

だから、何回も失敗した事がある人こそダイエット成功に近づいている人ですよ。

 

だから大丈夫!絶対痩せます!

 

失敗を活かして12キロ痩せた秘訣②

f:id:lalaraimu:20170407220153j:plain

 

運動の手段としてウォーキングを選んだ理由は

もちろん失敗経験を活かしてです。

 

失敗経験

『スポーツジムに入るもメンドクサイの連パレードで退会』

ジムへの往復がめんどくさい

たくさんの荷物を持つのがめんどくさい

ロッカールームでみんなと着替えるのがめんどくさい

トレーニングマシーンの使い方を覚えるのがめんどくさい

はい、メンドクサイのオンパレード。

その結果、私はジムに行く理由は「お風呂に入る」だけになり、

ついに毎月1万円の料金を払うのがバカバカしくなり退会。

 

この結果から、私はジムには向かないという失敗経験を持っていたので

ジムに行かずにできる運動を考えました。

色々調べた結果、ウォーキングが地味に効果があると分かり、

仕事帰りなら着替えずにウォーキングができると判断して決行!

 

なんでもめんどくさいだからこそ、

どこかに行って、

何かを持って行って、

何かに着替えて、

みんなと運動することができない

と分かっていたから続けることのできるウォーキングを選ぶことができました。

 

そこから1日1時間歩くと決めて、

通勤の行きには東京駅~日比谷駅(約1キロ~2キロ 20分)歩く。

帰り道は日比谷駅馬喰町駅(6キロぐらい 40分~50分)歩く。

を少しずつやっていました。

 

結果、これがかなり効果がありガクンと体重が落ちました。

 

本日のおまとめ

失敗を活かして自分は何だったら続けてできそうなのか

考えて実行してみましょう。

 

失敗した理由をとにかく深堀。

それは成功へのヒント満載です。

 

失敗という立派な経験を正しく活かすことで

ダイエットの成功への道は開かれます。

 

ただ、自分でできそうなことを見つけて

実行しただけでは成功しません。

ここに一つのあることを加えることで

この決めたことを持続することができるようになります。

 

ダイエットは長期戦だから「持続」はかなり大切なポイント。

さぁ遂に山場ですよ。

 

継続力なし!の私が1日1時間のウォーキングを続けられた

秘訣を次回はシェアしまーす♡